So-net無料ブログ作成

Coast to Coast Walk (おまけ) [ウォーキング]

バスでスカボローに出て,列車でロンドンへ。ヨークからロンドンまで2時間座れないが,さんざん歩いた後なのでまったく苦痛を感じない。
宿はパディントンの駅前。近所を歩いていたら,27年前に泊ったホテルを発見。むろんリノベーションを経てこぎれいな宿に生まれ変わっているが,地下のラウンジ(今もあるのだろうか)でスコットランド対イングランドのテストマッチをテレビ観戦したこととか,2階の窓から雪に驚いたこととかが思い出される。

P1030538.jpg
 Notting HillにあったTravelbookshopがなくなってしまった今,ロンドンで必ず立ち寄る本屋さんといったらStanfordsしかない。お店はちょうど地球儀フェアの最中。地球儀ほしいのだけど,持って帰るのが大変だし,ホコリが積もるとすごく汚いので,眺めて楽しむだけ。

keep calm.jpg
(他のサイトから借用した画像)

 日本でもおなじみ,ローズピンクの「Keep Calm and Carry On」を町のところどころで見かける。その派生バージョンもいろいろ見かける。もはや流行というより,イギリス人の日常の象徴として根付いている感じ。いかにもイギリス的でいいですね。右顧左眄したりこぶしを振り上げたりするのが好きな方にも,常備薬としていかがかと。さっきのホテルもそうだけど,変化するところは急速に変化する一方で,「ロンドン的なもの」は何年経ってもあまり変わっていないような。
 金曜日なので,夕方ともなればパブの前には人があふれている。ほとんど人のいない風景を12日も歩いた後だけに,だんだん人に酔ってくる。どのパブにもぐりこもうか。


※以下は,帰国後にいただいた質問のうち多かったものをご参考に。
------------------------------------------------------------------------------
Q1.CtoCはお勧めか?もう一度歩きたいか?
A1.お勧め。もう一度歩きたい。今度は少しゆっくり歩きたい。

Q2.歩いていて最も楽しかった区間は?
A2.風景のすばらしさは,Ennerdale Bridge→Rosthwaiteかな。Kirkby Stephen→Keldの山越えも,道迷いの心配さえなければ楽しいと思う。

Q3.もっと短い時間で歩けないか?
A3.10日まで短縮可能だと思うが,それでは単に「歩いた」だけで,ちっとも楽しくないと思う。できれば14日ぐらいかけて歩くのがいいのでは。

Q4.休暇が1週間だったらどうするか?
A4.1週間×2回で歩けると思う。
 1週間の休暇(土曜日~日曜日)でCtoCを歩こうとしたら,2回に分けることになるので,現地までの出入りをどうするかがポイントになるが,おおむね以下の日程で可能かと。
(1回目)
 土曜日 日本→ロンドン→St.Bees
    (羽田を午前1時に出るフランクフルト行きのNHに乗り,マンチェスター行きに乗り継げばもっと効率的)
 日曜日 St.Bees→Ennerdale Bridge
 月曜日 Ennerdale Bridge→Rosthwaite
 火曜日 Rosthwaite→Grasmere
 水曜日 Grasmere→Patterdale
 木曜日 Patterdale→Shap
 金曜日 Shap→Kirkby Stephen
 土曜日 Kirkby Stephen→リーズ又はカーライル経由ロンドン→
 日曜日 →ロンドン
(2回目)
 土曜日 日本→ロンドン→リーズ又はカーライル経由Kirkby Stephen
 日曜日 Kirkby Stephen→Keld
 月曜日 Keld→Reeth→Richmond
 火曜日 Richmond→Osmotherley
 水曜日 Osmotherley→Blakey Ridge
 木曜日 Blakey Ridge→Littlebeck
 金曜日 Littlebeck→Robin Hood's Bay
 土曜日 RHB→スカボロー経由ロンドン→
 日曜日 →日本

Q5.次に歩くとしたら,どのルートがいいか?
A5.しばらくトレッキングの予定はないけど,イギリスで歩くなら,West Highland Wayでしょう。
   それ以外だったら,やはりスペイン巡礼の道(Camino de Santiago)ですね。ただ,真夏のスペインは(私は)ムリなので,季節をどうするかが難しいのだけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0