So-net無料ブログ作成

第85回深夜句会(5/14) [俳句]

(選句用紙から)

ガジュマルの下に涼しくゐれるかな

季題「涼し」で夏。ガジュマルは、幹から気根が出てむくむくと茂ってゆく熱帯の植物なのだけど、その木陰で涼んでいる、という一句。何気なく読むとありきたりに感じるが、「ガジュマル」なので暑い土地であることは明らかなので、その下にたたずんでいる状況というのは、会社の昼休みだとか電車を待っているとかではなく、特に用事もなくぼんやりしている、そういう状況であると察せられるから、「涼しく」がたいへんうらやましく魅惑的に響くのだ。
ポール・セローの『ダークスター・サファリ』の一節に、タンザニアのどこかの駅前にマンゴーの大きな木が植わっていて、その木蔭にいつまでも座り込んでなにもせずにいる人々が描かれている(ただし、ここでは否定的に描かれている)のを連想する。

紐が紐を動かしてゐるヨットかな

季題「ヨット」で夏。ヨットに詳しいと「紐」という表現は絶対にできないのだけど、ヨットって確かに、どこかのシートをぐいと引っ張ると滑車で思わぬところが思わぬ方向へぐいと引っ張られて、それでブームやセールが動いていって…という「ピタゴラスイッチ」みたいな面白さがある。もちろんそれは人が操作しているのだけど、ある距離から見ていると、あたかも「紐」が動いて別の「紐」を動かしているかのようだ。艇の中とか至近距離でもなく、遠くでもなく、艇の半分ぐらいが見渡せる間近な距離から見ているということかもしれない。


(句帳から)

峠から青田へ降りてゆく線路

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0