So-net無料ブログ作成

第93回深夜句会(1/14) [俳句]

(選句用紙から)

納めたる札に重ねし納札

新しい御札をいただいて、前の御札をお納めするのだけど、その箱に、乱暴に放り込むのではなく、前の人が納めた札の上に重ねて帰ってきた。それだけといえばそれだけのことなんだけど、その動作が「お札を納める」という季題を、十分に、しかしわざとらしくなく表現している。

下萌のつややかにして土かぶる

生まれたばかりの下萌、土をおしのけて出てきた色のつややかさと、その土の色の対比が美しい。

(句帳から)
水鳥を浮べしままに湖暮るる
初御空沖の船まで晴れ渡り
森の木の影絵となつて初茜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0