So-net無料ブログ作成

第86回深夜句会(6/18) [俳句]

(清記用紙から)

干草をちりちり鳴らす島の風
山道を幾度曲りし河鹿笛

(句帳から)

梅雨雲のほころびかけて西の空
逃げきれずに討ち果たされし油虫